11月23日の誕生花

11月23日生まれ人はこんな性格

感受性がとても豊かな感激屋。思い込みが激しく、人にちょっと優しくされただけで、相手がビックリするほど喜んだりします。また、生命力が強く、相当はハードワークに耐えられるし、つらい状況が長期間続いても精神的にまいってしまうことはほとんどありません。逆境に強いタイプと言えるでしょう。

今日の記念日(由来,趣旨)

勤労感謝の日
・国民の祝日の一つ。宮中祭祀の一つ新嘗祭がルーツとなっている。
・国民の祝日に関する法律
・勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう
外食の日
・勤労感謝の日と同じ日に。
・日本フードサービス協会が創立10周年を記念して1984年に制定。
・いつも家事で忙しい母のために、
ゲームの日
・、ゲームと生活との調和が感じられる日として、勤労感謝の日と同じ日に制定。
・日本アミューズメントマシン工業協会、全日本アミューズメント施設営業者協会連合会、日本SC遊園協会が制定。
・仕事や勉強の尊さをはっきり自覚しながら、ゆとりある遊びとしてのゲームを楽しみ、ゲームと生活との調和が感じられる日として。ゲームセンターでは様々なイベントが行われる。
ハートケアの日
・「勤労感謝の日」にちなんで、
・ハートケア情報委員会が制定。
・仕事(勤労)の資本となる体の核となる心臓(ハート)に関心を持ってもらうための日。
Jリーグの日
・1992年のこの日にJリーグ初の公式戦ナビスコカップ決勝が東京の国立競技場で行われたことを記念。
・日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が1993年に制定。
・Jリーグの理解と関心を高める
珍味の日
・新嘗祭で山海の珍味が供えられることと、「11(いい)つまみ(23)」の語呂合せ。
・全国珍味商工業協同組合連合会が制定。
・命の糧である食物の恵みと消費者への感謝と珍味の素晴らしさ、美味しさをアピールするのが目的。
小ねぎ記念日
・勤労感謝の日が「ねぎらいの日」に通じることから「ねぎらい」を「葱来」と読む語呂合せ。
・福岡大分佐賀高知宮城各県のJA全農県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が制定。
・国産小ねぎの販売促進を目的としている
国産小ねぎ消費拡大の日
・「小ねぎ記念日」が11月23日なので、その23日を毎月のものとした。
・福岡、大分、佐賀、高知、宮城の各県の全国農業協同組合連合会の県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が制定
・国産小ねぎの販売促進を目的として。毎月[記念日協会]
不眠の日
・2と3で「不眠」と読む語呂合わせから。また、不眠の症状は一年中起こるので毎月23日も「不眠の日」とした。
・睡眠改善薬などを手がけるエスエス製薬株式会社が制定。
・不眠症状の対処方法や改善手段の正しい知識を有していないことから、不眠の改善について適切な情報発信を行う。毎月[記念日協会]
乳酸菌の日
・2と3で「乳酸」の語呂合わせから。
・カゴメ株式会社が制定。
・体に良い乳酸菌を活用した商品をアピールする日にと毎月23日と、毎月23日とともに1年の中でシンボル的な日として2月3日を毎月23日としたのはスーパーマーケットなどの店頭での販売促進を通年で行うため。毎月[記念日協会]