11月15日の誕生花

11月15日生まれ人はこんな性格

大胆で勇気があり、決断力がすぐれています。どんなことでもズバッズバッと決めていく潔さは、他の人にはマネのできないところです。ただ、短気で物事を深く考えるのは苦手なので、そのときそのときの判断は正しくても、長期的に見るとけっこう間違った方向へいってしまうことが少なくありません。その点には十分注意が必要です。

今日の記念日(由来,趣旨)

七五三
・15日になっている理由は7+5+3=15であるため。
・公家や武家での習慣が一般化した
・数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に子の成長を祝い、神社や寺院に参詣する行事。
昆布の日
・「七五三」のお祝いの日に因む
・社団法人日本昆布協会が1982年に制定。
・「七五三」のお祝いにあたるこの日に、昆布を食べ元気に育って欲しいという願いを込めて、
きものの日
・「七五三」のお祝いの日に因む
・全日本きもの振興会が1966年に制定。
・七五三の日に、家族そろって着物で出かけてほしいとの願いから。
きものの日
・古くから七五三のお宮参りの日であり、子どもたちの成長を願う日として、きもの姿が似合う日であるこの日を記念日として
・日本きもの連盟。
・きものを着る運動のシンボル的な日として、きものの美しさ、文化的な要素をアピールしていく。[記念日協会]
かまぼこの日
・蒲鉾が初めて文献に登場したのが永久3年(1115年)の祝宴の膳の図に描かれていたものとされていることから、1115年の数字の並びから11月15日を記念日とした。又、昔は七五三のお祝い料理に、子供の成長を祝って紅白のかまぼこを用意していたことから、11月15日をかまぼこの日としたということからだそうです。
・全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が1983年に制定。
・蒲鉾の
生コンクリート記念日
・1949年のこの日に生コンクリートが初めて市場に出荷された。
・全国生コンクリート工業組合連合会が制定。
・生コンクリートが初めて市場に出荷されたことを記念。
のど飴の日
・日付は発売月の11月と、11月中旬より最低気温が一桁になりのど飴の需要期になること、11と15で「いいひと声」と読む語呂合わせなどから。
・カンロ株式会社が制定。
・2011年の「健康のど飴」発売30周年を記念したもの。[記念日協会]
口腔がん検診の日
・2008年11月15日に開催された「第21回・日本歯科医学総会」において、口腔がん検診の普及をテーマにシンポジウムが行われ、口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された。
・社団法人東京都玉川歯科医師会が制定。
・口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された。このことを記念して口腔がん検診の普及と啓発を目的に、[記念日協会]
蔵(KURA)の日
・信州を愛する大人の情報誌「KURA」(くら)の創刊日(2001年11月15日)を記念して、
・長野県長野市のカントリープレスが制定。
・「KURA」は知恵や資産の詰まった蔵になぞらえ、信州の暮らしに関わる「情報の蔵」を目指す月刊誌。[記念日協会]