11月14日の誕生花

11月14日生まれ人はこんな性格

頭が柔らかく順応性のあるタイプ。どんな状況にも合わせていけますし、トラブルがおきてもフレキシブルに対処できる器用さを持っています。そのうえ、なかなかの頑張り屋ですから、何をやっても水準以上の結果を出せるでしょう。また、健康にきちんと気を配り、大病や大怪我をしない人が多いのもこの生まれの特徴です。

今日の記念日(由来,趣旨)

世界糖尿病デー
・インスリンを発見したカナダ人医師、フレデリックバンティングの誕生日。
・国際糖尿病連合と世界保健機関が実施していた記念日であったが、2006年12月の国連総会で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、あわせて世界糖尿病デーが国連の記念日と定められた。
・国際デーの一つ。糖尿病の全世界的脅威を認知する
パチンコの日
・1966年のこの日に全国遊技業協同組合連合会が通産省から正式に認可を受けたことを記念。「パチパチ」の語呂合せで8月8日にするという案もあったが、8月は2月とともに「ニッパチ月」と呼ばれて客の数が減る月であるため、ボーナス期を控え客の増加が見込まれる11月を記念日とした。また、1930年のこの日に名古屋でパチンコ店第1号の営業が許可されています。
・全国遊技業協同組合連合会(現 全日本遊技事業協同組合連合会)が1979年に制定。
・パチンコの理解と関心を高める
いい石の日
・「いい(11)石(14)」の語呂合せと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日にちなんで決められた。
・ 山梨県石材加工業協同組合が1999年に制定。
・墓石で先祖を供養する文化、伝統を守ること、石組みで美しく趣のある庭を築くことなど、石を加工、配置する技術の巧みさをアピールする日[記念日協会]
アンチエイジングの日
・「いい(11)年(14)」の語呂合せ。
・NPO法人アンチエイジングネットワークが2007年に制定。
・生活習慣病を予防する予防医学の定着と、年齢を重ねてもいききと活躍するための活力となる「見た目の若さ」を保ち続ける方法の認知拡大を目的に、[記念日協会]
埼玉県民の日
・明治4年11月14日に廃藩置県によって埼玉県が誕生したことに由来し、
・埼玉県が誕生の100年後にあたる1971年に埼玉県が制定。
・埼玉県が誕生の100年を記念に
大分県民の日
・明治4年11月14日に廃藩置県によって大分県という名称が初めて用いられたことに由来し、
・「大分県あすをつくる県民運動推進協議会総会」で決議。
・大分県民の記念日
医師に感謝する日
・日付は11が人と人(患者と医師)との結びつきを表し、14が医師を意味する語呂合わせから。
・医療施設支援事業を展開する株式会社Dプラスが制定。
・お世話になっている主治医に感謝の気持ちを込めてハンカチを贈ろうと提案している。患者と医師によってより良い医療を進めるのが目的。[記念日協会]