11月1日の誕生花

11月1日生まれ人はこんな性格

慎重で決して危ない橋は渡らないタイプ。初めての事や苦手な事に取り組むときはじっくり計画を練り、他の人の様子も確認したうえで行動に移ります。ただ、いったん動き出してしまえば、集中力があるので、あっという間に目標をクリアするし、仕上がりも完璧なことが多いようです。

今日の記念日(由来,趣旨)

釜飯の日
・「釜めしもよう」の創業記念日である1995年7月1日の1日にちなんで。
・釜飯専門店「釜めしもよう」と「釜のや」を全国展開する株式会社前田家が制定。
・日本文化のひとつ釜飯をより身近に、より多くの人に食べてもらいたいとの思いから、毎月[記念日協会]
野沢菜の日
・野沢菜の蕪主を募る「のざわな蕪四季会社」の蕪主総会が毎年11月1日に開かれることと、野沢菜の収穫時期にあたることから。
・野沢菜発祥の地である長野県野沢温泉村の野沢温泉観光協会が制定。
・野沢菜は長野県の味の文化財にもなっている信州の食を代表する名産品のひとつで野沢菜の理解と関心を高める。[記念日協会]
川の恵みの日
・日付けの由来は11月1日の数字を並べると川になり、漢字の川と似ていることから。
・川魚を扱う三重県多気町の株式会社「うおすけ」が制定
・川に感謝し、川の環境と自然を考える日にと制定。[記念日協会]
生命保険見直し月間
・生命保険の販売・勧誘が増えるとされる11月をその月間とした。3月も「生命保険見直し月間」となっている。
・株式会社ライフプラザホールディングスが制定。
・生命保険の契約をしたものの納得できない部分のある人が多いことから、最適な保険への見直しの啓蒙を目的に、11月間[記念日協会]
いい姿勢の日
・日付は数字の1が背筋を伸ばしたいい姿勢に見えることから。
・広島県東広島市を中心にリラクゼーションサロンなどを展開する有限会社グローバルFが制定。
・肩こり、腰痛などを改善するには姿勢を正すことからと、いい姿勢を保つことを喚起するのが目的。[記念日協会]。
年賀状を考える日
・日付は年賀状用の官製はがきが発売される11月の最初の日とし、発売前から年賀状について考えてもらうことに。
・NPO法人フォトカルチャー倶楽部内にある「年賀状普及協議会」が制定。
・新年に旧年の親交に感謝し、今年もよろしくの意味を込めて送り合う年賀状は、日本の伝統文化のひとつ。その未来への継承と普及促進を目的として、[記念日協会] 計量記念日
・1993年(平成5年)に現行の計量法が施行された日
・当時の主管官庁である通商産業省が制定。
・計量法の理解と関心を高める
灯台記念日
・明治元年(1868年)に、日本初の洋式灯台である観音埼灯台が起工された日。
・1949年に海上保安庁が制定。
・灯台の理解と関心を高める
自衛隊記念日
・1966年に制定。実際の創立年月日は1954年7月1日であるが、7月~10月は災害での出動が予想され、記念行事等を行うのに都合が悪いため、天候が安定する11月1日を記念日とした。
・防衛庁が定めた記念日
・自衛隊の創設を記念し、隊員の使命の自覚と士気の高揚 をはかり、もつて自衛隊のすぐれた伝統をつちかうとともに、 国民の自衛隊に対する理解と信頼とを深めるために
" 古典の日
・「紫式部日記」1008年(寛弘5年)11月1日の記述にもとづき源氏物語が歴史上はじめて記録されたものとして。
・源氏物語千年紀委員会が提案。
・日本の古典文学を顕彰する記念日。
点字の日
・1890年、日本語用の点字として東京盲?学校教諭石川倉次の点字案が正式に採用された日を記念。
・点字の理解と関心を高める
生命保険の日
・昭和22年11月、生命保険協会に連合国総司令部保険担当官J・P・ロイストンから「昭和22年11月をもって「生命保険の月」として、生命保険の奨励運動を展開してはどうか」という提案、生命保険協会は毎年11月を「生命保険の月」とし、その 初日を「生命保険の日」とした
・生命保険協会が1947年に制定。
・生命保険の思想を広く普及する目的で制定。
犬の日
・犬の鳴き声「ワンワンワン」の語呂合せ。
・ペットフード工業会(現 ペットフード協会)など6団体が1987年に制定。
・犬の理解と関心を高める
寿司の日
・新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから。
・全国すし商環境衛生同業組合連合会が1961年に制定。
・寿司の理解と関心を高める
紅茶の日
・寛政3年11月1日(1791年)に、暴風雨のためロシアに漂着していた大黒屋光太夫がロシア皇帝エカチェリーナ2世の茶会に招かれ、日本人で初めて紅茶を飲んだことに由来。
・日本紅茶協会が1983年に制定。
・紅茶の理解と関心を高める
本格焼酎の日
・8~9月ごろから仕込まれた焼酎の新酒が飲めるようになるのが11月1日ごろであることから。1987年9月に九州で開かれた本格焼酎業者の会議の場で制定され、
・日本酒造組合中央会が実施。
・本格焼酎の理解と関心を高める
泡盛の日
・11月から泡盛製造の最盛期に入り、泡盛の美味しい季節となることから。
・沖縄県酒造組合連合会が1989年に制定。
・泡盛の理解と関心を高める
資格チャレンジの日
・資格とその取得について、毎月の初日である1日に考える。
・資格取得の通信講座で知られる株式会社フォーサイトが制定。
・資格取得に挑戦してより良き人生を目指してもらうのが目的。毎月[記念日協会]
あずきの日
・日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いから。
・あずきの製品を扱う井村屋グループ株式会社が制定。
・あずきを食べて健康になってもらえたらと毎月[記念日協会]
深川!マイ・米・デー
・日付は新米の収穫を終えた頃であることと、第1回深川農業まつりが開かれた1977年(昭和52年)11月1日にちなんで。
・北海道有数のお米の産地である深川市が制定。
・農家の方々が一年間苦労して生産されたお米の収穫に感謝して、美味しい深川産のお米を市民の方々に味わっていただきたいとの思いが込められている。[記念日協会]