10月26日の誕生花

10月26日生まれ人はこんな性格

ナイーブでデリケートな人。根っからのロマンチストで、子供の頃に抱いた夢をいつまでも忘れないピュアなタイプ。ただし、実行力に欠けますので、夢が夢のままで終わってしまうことが多いようです。とにかく一歩踏み出すクセをつけてください。なお、子供の気持ちを察する能力にかけては誰にも負けません。保育士、幼稚園や小学校の先生は天職と言えるでしょう。

今日の記念日(由来,趣旨)

原子力の日
・1956年10月26日に日本が国際原子力機関 (IAEA) に加盟したこと、及び1963年10月26日に茨城県東海村の日本原子力研究所で日本初の原子力発電が行われたことに由来。
・原子力の理解と関心を高める
柿の日
・1895年10月26日に正岡子規が「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことに由来。
・柿の理解と関心を高める
プルーンの日
・日付は2を「プ」6を「ルーン」と読む語呂合わせから。毎月26日を記念日とした
・プルーンの魅力の伝えて販売促進につなげるのが目的。
どぶろくの日
・日付はどぶろくのシーズンが始まる10月下旬であり、10(ど)と26(ぶろく)で「どぶろく」と読む語呂合わせから。
・濁酒(どぶろく)の魅力を広めるのが目的。
きしめんの日
・日付は食欲の秋である10月と、「きしめん」の特徴であるツルツル感を2(ツ)と6(ル)で表した26日の組み合わせから。
・愛知県の名物「きしめん」をもっと多くの人に食べてもらおうと、「きしめん」は茹でた麺に熱いつゆをかけ、油揚げや鶏肉などの具と共にかつお節やネギを入れて食べることが多く、これからの季節はさらに美味しくなる
青汁の日
・日付は10を英語のIO(アイオー)に見立てて青と読み、26を汁(ジル)と読む語呂合わせからも。
・乾燥する冬を前に多くの人に青汁で健康になっていただきたいと、
柿の日
・日付は俳人の正岡子規が明治28年の10月26日からの奈良旅行で、有名な「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」を詠んだとされることにちなむ。また、地域によって違うが柿の旬の中心的な時期にあたることもその理由のひとつ。
・柿の販売促進を目的に制定した日。
青森のお米「つがるロマン」の日
・青森県で作付けされている美味しいお米の「つがるロマン」を全国にPRしようとJA全農あおもりが制定。日付は実りの秋の10月と、26日を「つがる(2)ロマン(6)」と読む語呂合わせから。