10月1日の誕生花

10月1日生まれ人はこんな性格

穏やかで人当たりがよく、誰にでも優しい博愛主義者です。高い理想と深い友愛精神の持ち主でもあります。その反面、デリケートで傷つきやすい傾向が…。シビアな現実と理想とのギャップに、深い挫折を味わうこともあるでしょう。なお、才能豊かな人ですが、一芸に秀でるように努力したほうが成功する確率は高いでしょう。

今日の記念日(由来,趣旨)

磁石の日
・日付は磁石は「+(N極)と-(S極)」から成り立つことにちなみ、+(10)と-(1)を組み合わせてのもの。
・磁石の特性や機能、存在価値をより広く社会に認知してもらうことを目的に、
食文化の日
・日本食研ホールディングスの創業記念日(1971年10月1日)
・世界の『食』を豊かにすること
ひろさきふじの日
・ひろさきふじが1996年10月1日に東京の太田市場に初めて上場し取引され日、今でも「日本一早いサンふじ」として10月1日に初セリが行われることから、
・りんごの晩生種の「ふじ」よりも1ヶ月早く熟す着色系枝変り「ひろさきふじ」の理解と関心を高める
乳がん検診の日
・毎年、乳がん早期発見強化月間の初日である10月1日に、
・多くの女性が乳がんの検診に行くことを思い出し、早期発見から命が救われることを願い、
雨といの日
・10月1日を1001と見立て、「せんい」(ち)と読む語呂合わせから
・雨といブランド「アイアン」のPRと、年に一度は雨といの点検を行ってほしいという思いが込められている。
食物せんいの日
・現代人に不足しがちな食物繊維の摂取向上のきっかけの日とするのが目的。  
 
釜飯の日
・「釜めしもよう」の創業記念日である1995年7月1日の1日にちなんで。
・日本文化のひとつ釜飯をより身近に、より多くの人に食べてもらいたいとの思いから、
uni(ユニ)の日
・1958年のこの日に、高級鉛筆「uni」(ユニ)が発売されたことから
・なめらかな書き味と、「uni」(ユニ)色と呼ばれる独特の軸色は多くの人を魅了し続け、高級鉛筆の代名詞としてのブランドを確立している。
確定拠出年金の日
・日付は2001年10月1日に確定拠出年金法が施行されたことから。
・年金加入者が自分の責任で資産形成のための賢い選択を行えるようになるための効果的な教育を、中立の立場で支援する特定非営利活動法人「確定拠出年金教育協会」が制定。協会では日頃から確定拠出年金についての調査やセミナーを行っている。
法の日
・1928年に陪審法が施行された日、
・民法,刑法などの基本法や司法制度等を所管する立場から,国民の皆様に法を尊重することの大切さについて理解を深めるるため
デザインの日
・1959年にデザイン奨励審議会が設置された日。
・企業・教育分野・一般消費者等の立場に関わらずデザインの有用性についてのいっそうの理解を進めていく
土地の日
・「十」と「一」を組み合わせると「土」の字になることから。
・限りある日本の土地の有効利用について国民全体で考えることを啓発し、また土地に関する国の施策に対して国民の理解と協力を得ること。
日本酒の日
・酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目、さらに「酒造年度」が10月1日(現在では7月1日)から始ることから、
・日本酒の理解と関心を高める
醤油の日
・「10」が干支で「酉」にあたり、酉が瓶(かめ)に由来する象形文字であることと、「醤油」という語に「酉」が含まれることから。
・醤油の理解と関心を高める
コーヒーの日
・国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始まりの日。
・コーヒーの理解と関心を高める
日本茶の日
・天正15年旧暦10月1日(1587年11月1日)に豊臣秀吉が北野大茶湯を催したことに因む。
・豊臣秀吉が天正15年(1587年)のこの日に、北野の松原で大茶会を開いた故事から、10月上旬からは日本茶の需要が増えるとともに「お茶まつり」などを開いている茶業家も多い。
印章の日
・1873年、公式の書類には実印を押すように定めた太政官布告が発布された日。
・印章の理解と関心を高める
メガネの日
・日付けは10月1日は1001と表記することができ、両端の1がめがねのツルを、内側の0がレンズと見立てられ、めがねの形を意味していることから。
・めがねの愛用者の方々に感謝の気持ちを表そうと、
ネクタイの日
・1884年、小山梅吉が日本で初めてネクタイの製造を始めた日。
・ネクタイの理解と関心を高める
補助犬の日
・2002年(平成14年)、身体障害者補助犬法が施行されたことにより「補助犬の日」とされる。
・補助犬の理解と関心を高める
福祉用具の日
・1993年、福祉用具法が施行された日。
・福祉用具の理解と関心を高める
浄化槽の日
・1985年、浄化槽法が全面施行された日。
・浄化槽の理解と関心を高める
展望の日
・10を「テン」、1を「ボー(棒)」と読む。
・観光タワーの解と関心を高める
都民の日
・1898年10月1日に市制特例が廃止され、東京市役所が設置されたことに由来し、
・東京都民がこぞつて一日の慰楽をともにする
資格チャレンジの日
・資格とその取得について、毎月の初日である1日に考える。
・資格取得に挑戦してより良き人生を目指してもらうのが目的。
あずきの日
・日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いから。
・あずきを食べて健康になってもらえたらと
トンカツの日
・10と1で、トン(10)カツ(勝つ=1番)の語呂合わせも。
・食欲の秋であり、スポーツの秋でもあるこの季節に、トンカツを食べて元気に、そして勝負に勝つ(カツ)ことを目指して頑張ってもらいたいとの思いが込められている。
天下一品の日
・日付は10と1で10(テン=天)と1(イチ=一)の語呂合わせから。
・1999年以降、毎年10月1日を中心に、お客様への感謝を込めて「天下一品祭り」を開催している。
香水の日
・秋はファッションの季節であり、新しい秋冬の服に合わせて香水への関心が高まる時期であることから、
・人々の気持ちを豊かにする香水の魅力を広め、クリスマスから年末にかけての香水マーケットの賑わいを目指している。