8月7日の誕生花

8月7日生まれ人はこんな性格

実行力があって、何にでも一生懸命になるタイプ。目標を達成するためにはどんな犠牲もいといません。また、やるからにはトップになりたいと意欲を燃やすので、どこでも「デキる人」と評判でしょう。目上の人からも一目置かれ、会社勤めなら若くして出世する人も少なくありません。

今日の記念日(由来,趣旨)

鼻の日
・日付はは(8)な(7)の語呂合わせから。
・鼻の病気に関する知識や健康管理について啓蒙を行っている。
自分史の日
・日付は8月は終戦記念日、広島と長崎の原爆忌など、日本にとって時代を超えて記憶を語り継いでいかなくてはならない日があり、お盆は自分のルーツを思い、祖先に語りかける時季。そして、8(は)と7(な)でかけがえのない人生体験を自分史という形で「話し」伝えていくことの大切さを思う日とすることから。
・自分史をテーマとした講座、セミナーなどを行い、自分史の普及に努めるのが目的。
オクラの日
・日付はオクラの切り口が星形をしていることにちなみ、旧の七夕の日とされる8月7日にオクラを食べると短冊に書いた願い事がより叶うのではとの思いから制定。
・この時期に旬を迎えるオクラを食べて夏バテを防いでもらいたとの願いも込められている。
花慶の日
・日付は8と7を「花の慶次」の「はな」と読む語呂合わせから。
・パチンコの人気機種「花慶」(はなけい)の愛称で知られる「CR花の慶次」シリーズの宣伝、普及をのため。
パートナーの日
・日付は8と7で「パートナー」と読む語呂合わせから。
・「パートナー」の存在の大切さをより多くの人に認識してもらうことが目的。
パチスロ・ハナハナの日
・日付は8と7でシリーズ名の「ハナハナ」と読む語呂合わせと、機種イメージが夏であることから
・自社の人気パチスロ「ハナハナ」シリーズをPRするために制定。
バナナの日
・日付けの由来は8と7で「バナナ」と読む語呂合わせから。
・果物で一番の輸入量を誇り、健康にも良いバナナを食べて暑い夏を元気に乗り切ってもらいたいと。