6月10日の誕生花

6月10日生まれ人はこんな性格

6月10日生まれ人はこんな性格 
気持ちが穏やかなのんびり屋。先のことを考えてあくせくするのが嫌いで、毎日楽しく暮らしたい、人生を楽しみたいという欲求の強い人です。おいしい物美しい物に目がなく、美的感覚がすぐれているので、ファッションセンスや芸術鑑賞眼も人並み以上の人が多いよう。

今日の記念日(由来,趣旨)

夢の日
・日付は6と10で「夢中」(むちゅう=むじゅう)と読む語呂合わせと、「夢は叶う」(む=6+10の字の形)などに由来する。
・香川県直島の女性が制定。
・夢をかなえてくれた人(夢の実現に力を貸してくれた人)に感謝し、自分の夢について考え、語り合う日をと。[記念日協会]
梅酒の日
・日付は6月の入梅の時期より梅酒の原料となる梅の収穫がピークを迎えることと、この頃より梅酒を飲んで夏を元気に乗り切ってもらいたいとの想いからも。
・チョーヤ梅酒株式会社が制定。
・高品質の梅酒の美味しさを多くの人に味わってもらうことを目的にも。[記念日協会] 時の記念日
・由来は「日本書紀」に671年の4月25日(太陽暦に直すと6月10日)に漏刻と呼ばれる水時計を新しい台に置き、鐘や鼓で人々に時刻を知らせたと記述されていることから。
・1920年(大正9年)に生活改善同盟会が制定。
・時の記念日
路面電車の日
・1995(平成7)年、路面電車を持つ自治体が「路面電車サミット」を開催した日に由来する。また、ろ(6)でん(10)」(路電=路面電車の略)の語呂合わせから。
・路面電車サミットで制定。
・路面電車の公共交通機関としての役割、まちづくりへの活用について議論する。
商工会の日
・日付は1960年に商工会法(商工会組織等に関する法律)が施行されたことから。
・全国商工会連合会により1985年に制定。
・商工会法(商工会組織等に関する法律)が施行を記念して。
谷津干潟の日
・1993年に谷津干潟が、水鳥にとって重要な湿地に関する国際的な取り決めを定めた「ラムサール条約」の登録湿地に認定された日に由来する。
・習志野市が制定。
・環境ウォーク、干潟に入ってのクリーン作戦、各種観察会、人形劇などなど、子供も楽しめるイベントが開催されます。
緑豆の日
・日付は6と10で「緑豆(りょくとう)」と読む語呂合わせから。
・緑豆再発見委員会が制定。
・もやしや春雨の原料として知られる緑豆。その栄養価値を再発見し、消費の拡大を目的に。[記念日協会]
ミルクキャラメルの日
・1913年(大正2年)6月10日にミルクキャラメルが初めて発売されたことから、それ以前は1899年創業以来「キャラメル」とだけ記載して発売していたという。
・製造発売元の森永製菓株式会社が2000年に制定。
・ミルクキャラメル の宣伝、普及をのため。[記念日協会]
無糖茶飲料の日
・日付は6と10で「無糖(むとう)と読む語呂合わせから。
・無糖茶飲料のトップメーカー株式会社伊藤園が制定。
・健康への関心が高まる中、無糖茶飲料にももっと注目をと。伊藤園のコンセプトである自然、健康、安全、おいしい、良いデザインなどに基づき、その良さをアピールしていく。[記念日協会]
てっぱん団らんの日
・日付はてっぱんを囲んでの食事は食育にも通じるとの思いから、食育基本法が成立した2005年(平成17年)6月10日をその由来としている。
・オタフクソース株式会社が制定。
・「てっぱん(ホットプレート)を囲んで食べる食卓=団らん」を提唱している。[記念日協会]
酸化防止剤無添加ワインの日
・日付は6と10で「無(6)添(10)加」の語呂合わせから
・アサヒビール株式会社が制定。
・酸化防止剤無添加のワインの美味しさを多くの人に知ってもらうのが目的。[記念日協会]
無添加の日
・日付は6と10で「無添(むてん)加」の語呂合わせから。
・株式会社ファンケルが制定。
・無添加の良さや大切さをより多くの人に知ってもらうことがその目的。[記念日協会]