6月1日の誕生花

6月1日生まれ人はこんな性格

忘れないタイプです。意欲をあまり表に出すほうではありませんが、相当な頑張り屋。目の前に大きな障害がたちはだかっても、歯を食いしばって頑張り、最後には必ず克服するでしょう。また、その気になれば、ダイエットや禁酒禁煙のようなつらいことでも意外と楽にできるはず。

今日の記念日(由来,趣旨)

アイデアの日
・日付はサンスター文具株式会社の創業者の小林三造氏の命日に由来する。
・サンスター文具株式会社が制定。
・アイデアに挑戦する日で新製品のアイデア募集の授賞式などを行う。[記念日協会]
梅肉エキスの日
・日付は梅の実のシーズンである6月の初めに、手作りの梅肉エキスを使ってもらうことを呼びかけてこの日を記念日としている。
・大阪府摂津市の財団法人梅研究会が制定。
・梅の学術研究と啓蒙普及活動を行っている。松本紘斎理事長による講演活動などを行う。[記念日協会]
清潔生活の日
・6月は梅雨の時期に入るため、
・P&Gの「清潔生活研究所」が設立。
・衛生や清潔生活を考えるきっかけにとの願いも込められている。[記念日協会]
防災用品点検の日
・日付は関東大震災の起きた9月1日をはじめとして、季節の変わり目となる年4回(3月1日・6月1日・9月1日・12月1日)の日。
・防災システム研究所の防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏が制定。
・防災用品の点検を行い災害に備えようと、電池、非常用の飲料水、非常用食料、消火器、避難ロープなどの防災用品の点検キャンペーンを展開。[記念日協会]
チューインガムの日
・日付は平安時代より、元日と6月1日は「歯固めの日」として、かたい餅などを食べて健康増進を図る風習があったことから
・日本チューインガム協会が制定。
・チューインガムを通じて、かむことの大切さを考えてもらうのが目的。[記念日協会] 
矯正歯科月間の日
・日付は学会の大会が開かれる6月を「矯正歯科月間」と定めたことから、そのスタートの日を「矯正歯科月間の日」とした。また、この日は現代矯正歯科医学の基礎を築いたAngle博士の誕生日でもあることも由来のひとつ。
・特定非営利活動法人「日本成人矯正歯科学会」が制定。
・矯正歯科についての関心を高め、きれいな歯並びで健康増進をはかること。[記念日協会]
総務の日
・日付は1963年のこの日に日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』(当時の誌名は『総務課の実務』)が発行されたことから。
・『月刊総務』を発行する株式会社ナナ・コーポレート・コミュニケーションが制定。
・経営のサポート役からコンサルティング役へとその役割を変えている企業の総務部門。その価値を問い直し、さらに「総務」を盛り立てていこうと。[記念日協会]
アーティチョークの日
・日付はアーティチョークの蕾がふくらみ、収穫の時期である6月。その最初の日である1日はアーティチョークの月が始まる日であることから、
・アーティチョークの栽培と販売を手がける広島県廿日市市にある株式会社カンサイ(通称・きなり村)が制定。
・アーティチョークはキク科の植物でローカロリーで栄養が豊富のため、食用として人気が高い。[記念日協会]
釜飯の日
・日付は「釜めしもよう」の創業記念日である1995年7月1日の1日にちなんで。
・釜飯専門店「釜めしもよう」と「釜のや」を全国展開する株式会社前田家が制定。
・日本文化のひとつ釜飯をより身近に、より多くの人に食べてもらいたいとの思いから、毎月[記念日協会] 国際子供の日
・1954年に国際連合(国連)が制定。
・子どもたちの相互理解と福祉を増進させることを目的
電波の日
・日付は1950(昭和25)年、電波法、放送法および電波監理委員会設置法が施行された日に由来する。
・1950(昭和25)年のこの日に電波法、放送法および電波監理委員会設置法が施行されたことにちなむ。それまで政府専掌であった電波利用が広く国民に開放されたことを記念したもので、電波利用に関する知識の普及・向上などを目的としている。
気象記念日
・日付は1875(明治8)年、東京気象台が設立され、気象と地震の観測が開始された日に由来する。
・1942(昭和17)年に気象庁により制定。
・東京気象台が設立を記念して。観測開始当初は、お雇い外国人が1人で1日3回の観測をこなしていた。
バッジの日
・気象の日=記章の日
・記章の理解と関心を高める。
写真の日
・日付は1841(天保12)年、日本初の写真撮影が行われたことに由来する。その後の調査で典拠とした文献の記述が誤っていることが判明したが(日本初は1857(安政4)年9月17日)、その後も6月1日を写真記念日としてしている。
・1951(昭和26)年に社団法人日本写真協会が制定。
・日本初の写真撮影を記念して。
チーズの日
・日付は文武天皇4年の10月に全国に使いが出され「蘇」の製造が命じられたとあります。そこでこの10月は新暦では11月に当たり、11月の中では11月11日が一番覚えやすい、ということから
・日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が制定。
・チーズの宣伝、普及をのため。
世界牛乳の日 (World Milk Day)
・2001年に国連食糧農業機関(FAO)が制定。
・牛乳に対する関心を高めると同時に、酪農・乳業の仕事を多くの方に知ってもらうことを目的に
麦茶の日
・日付はこの頃は、麦茶の原料となる大麦の収穫時期にもあたり、また、衣がえの日でもあることから。
・全国麦茶工業協同組合が制定した。
・夏に向けて麦茶の味をPRしようと。
氷の日
・江戸時代、加賀藩が将軍家に氷を献上し、「氷室の日」として祝ったのが、陰暦の6月1日だったことから。
・日本冷凍事業協会が制定。
・「氷室の日」として祝ったのが始まり。
チューインガムの日
・元日と6月1日は「歯固めの日」と呼ばれ、硬いお餅を食べながら、みんなが健やかに暮らせるように家族の長寿と健康を祈る習慣がから由来する。
・平成6年6月に日本チューイングガム協会が制定。
・噛むことの大切さを考えていただきたいと
ねじの日
・日付は1949(昭和24)年、旧工業標準調査会が日本工業標準調査会と改称、新たにJIS(日本工業規格)が制定された日に由来する。
・社団法人ねじ工業界が制定。
・新たにJIS(日本工業規格)が制定されたことを記念して、ねじ製品のPRを行う。
真珠の日
・6月の誕生石が真珠であることから。
・日本真珠振興会が制定。
・真珠の宣伝、普及をのため。
景観の日
・日付は2005年「景観法」が全面施行された日に由来する。
・国土交通省・農林水産省・環境省が2006年4月に制定。
・「景観法」が全面施行を記念して。
人権擁護委員の日
・日付は1948年(昭和23年)に人権擁護委員制度が設けられ、翌49年(昭和24年)6月1日に人権擁護委員法が制定されたことに由来する。
・全国人権擁護委員連合会が制定。
・人権尊重思想の啓発に努める。
資格チャレンジの日
・日付は資格とその取得について、毎月の初日である1日に考える。
・資格取得の通信講座で知られる株式会社フォーサイトが制定。
・資格取得に挑戦してより良き人生を目指してもらうのが目的。毎月[記念日協会]
あずきの日
・日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いから。
・あずきの製品を扱う井村屋グループ株式会社が制定。
・あずきを食べて健康になってもらえたらと毎月[記念日協会]
ムヒの日
・日付は株式会社池田模範堂のスローガン「変身への挑戦」をスタートさせた日であり、6と1で「ムヒ」と読む語呂合わせから。
・富山県上市町に本社を置く株式会社池田模範堂が制定。
・虫さされ、かゆみ止めの代表的医薬品である「ムヒ」の宣伝、普及をのため。[記念日協会]