5月17日の誕生花

5月17日生まれ人はこんな性格

バイタリティーが旺盛で非常にタフな人です。と同時に、人の悲しみを理解する優しい心も持っています。その気になれば、人を押し退けて進むことができますが、あえて避けることが多いよう。身近な人はそんなあなたを歯がゆく思うでしょうが、その優しさこそあなたの一番の財産です。人のためになる仕事をしたり、ボランティア活動に身を投じると素晴らしい人生に。

今日の記念日(由来,趣旨)

世界電気通信および情報社会の日
・日付は1865年の万国電信連合(現・国際電気通信連合)の設立日に由来する。
・1973年に制定された「世界電気通信の日」を、2005年に制定された「世界情報社会の日」と併合したもの。
国際反ホモフォビアの日
・日付は1990年に世界保健機関が同性愛を国際疾病分類から除外した日に由来する。
・フランスの大学教授であり同性愛者活動家であるルイジョルーズサンが提案して2005年に始まった。
・キャンペーン、討論会、街頭デモ、展示、映画祭、集会などが開かれる。
国産なす消費拡大の日
・冬春なす主産県協議会が2004年2月9日に制定したもの。
・4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようというもの。毎月[記念日協会]
いなりの日
・日付はいなりのい~なで毎月17日に。
・いなり寿司の材料を製造販売している株式会社みすずコーポレーションが制定。
・日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司。そのいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと。毎月[記念日協会]
お茶漬けの日
・日付は永谷宗七郎の偉業をたたえ、その命日(1778年5月17日)に由来する。
・株式会社永谷園が制定。
・インスタントのお茶漬け商品「お茶づけ海苔」宣伝、普及をのため。[記念日協会]
高血圧の日
・日付は世界高血圧連盟が定めた「世界高血圧デー」に准じている。「世界高血圧デー」は2005年に開始され、当時事務局を担当していたアメリカの高血圧啓蒙月間が5月であったことなどからこの日となった。
・特定非営利活動法人日本高血圧学会と日本高血圧協会が制定。
・高血圧の予防などの啓蒙活動を目的に制定。[記念日協会]
生命・きずなの日
・日付は新緑の生命萌え立つこの時期(5月)に、ドナー(17日)とその家族が社会的に深く理解され、生命の大切さ、生命のきずなを多くの人が考える日にと
・日本ドナー家族クラブ(JDFC)が制定。
・ドナー(臓器提供者)の存在なしには成立しない移植医療。それは自らの生命のかわりに、他人の生命を救う「ギフトオブライフ」の精神を持つドナーと、その家族の善意によって支えられている。[記念日協会]